TOP >> Tour Info >> ツアー情報 >> 大会速報

大会速報

2008 Speed Factories in 軽井沢 2008.01.11-12

種目: DU | GS

大波乱のプロツアー初戦!

2008年1月11日(金)
軽井沢スノーパークは晴天に恵まれ、放射冷却により固く締まったバーンに、上島しのぶ(長野冬季オリンピック日本代表)が打つ20旗門のコースは、トッププロも思わず『難しい…』と洩らすほどだ!
リポーターの私も今大会に出場してみたが、まともに滑り下りることもできず予選落ちしたのは言うまでもない、、、(苦笑)

予選2本の合計タイムでKO Finalへ進出できる男子16名・女子8名の内、ベテランプロ達に混ざり素晴らしい滑りを魅せたのは、小栗大地プロ・寺尾綾香プロ、そしてアマチュアの横井謙斗・佐藤彩佳・三好和美・田野辺はるかの6名!
ベテランプロが君臨し続けるアルパイン種目において下克上なるか!?

【1st Round】
私の期待とは裏腹に、若武者達が敗れていく中、ベテラン杉本孝次プロvs戸崎啓貴プロのサイドバイサイドのレースが熱い!さすが往年のプロの滑りはやはり光るものがあった。

【男子KO 1/4 Final】
戸崎啓貴 vs 小栗大地
1本目、抜群のスタートダッシュで飛び出した小栗だったが、7旗門目でバランスを崩し、必死に立て直そうとするものの8旗門目のショートポールに小栗のテールが当たった瞬間!小栗の体は大きく飛ばされ、隣のコースを滑る戸崎とあわや大クラッシュになるところだったが、冷静沈着な戸崎は何も無かったかの様に1本目を獲る。
2本目、1.38秒のペナルティータイムを取り返すため、果敢に攻めるものの戸崎に0.68秒及ばず、小栗は1/4 Finalで姿を消すが、常に全力で攻める彼に魅了されたのは私だけではないだろう。今後のレースに期待大!

【Semi Final】
初戦からノリノリの佐藤彩佳に対し、プロの意地を見せたい木村明美プロだったが、2本目で転倒し佐藤にFinal進出の切符を渡す。一方男子は、スノーボードクロス種目でも活躍する後藤友樹プロと、世界の舞台でも活躍する戸崎啓貴プロが敗退した。

【女子KO Final】
中田亜矢 vs 佐藤綾佳
常に安定した滑りで順当に勝ち上がってきた中田亜矢プロと、前日に行われたJSBA G1レースでブッちぎりのタイムで優勝したアマチュアの佐藤彩佳が決勝の舞台に立った。
1本目、最後までサイドバイサイドのレースかと思いきや、7旗門目で中田プロがまさかの転倒、、、大きく遅れをとり焦ったか?11旗門目でも失速し36.46秒と大きくタイムを落とす。一方、佐藤は28.12秒と高タイムを出し、中田はペナルティータイム1.61秒を負うかたちとなる。
2本目、ボードの推進力を上手く利用し1ターンごとに前へ出る中田だが5旗門目で転倒。つられる様に佐藤も転倒したが、早く立て直したのは佐藤。中田もすぐ後を追うが8旗門目で再び転倒!
この時点で勝利を確信した佐藤は1ターン1ターンを丁寧に回りゴール。アマチュアながらプロ戦を制するという快挙を成した。まさに下克上なり!

【男子KO Final】
工藤英昭 vs 川口晃平
プロ最多優勝回数を誇るスノーボード界の王様 工藤英昭に対し、今乗りに乗っているイケメン王子 川口晃平がどんな滑りを魅せるのか?
1本目、ほぼ同時スタートで並んでいた両者。4旗門目で僅かだが工藤が下へ落とされ減速し、グイグイ加速してくる川口は、工藤に1旗門以上差をつけ0.8秒のアドバンテージを得た!普段の生活では0.8秒なんてどうって事ないが、今の工藤にとってこの0.8秒は大きなプレッシャーに違いないだろう!
2本目、3旗門目で工藤が前足に乗りすぎたか!? 掘れた雪面にボードが弾かれ減速、川口は6旗門目で大きく膨らんでしまうが、大きく撓むボードが推進力となり更に加速する。焦る工藤は8旗門目で再びミスをし、ラインから大きく外れタイムを落としたところで勝負有り!
川口は高々と両手を上げフィニッシュ。2本の合計で2.13秒という大差でプロツアーの初戦を制した!

【女子】
優勝 佐藤彩佳(NPO小嶋アカデミー)  2位 中田亜矢プロ(GOLDWIN F2)  3位 木村桂子プロ(GRAYZIEAL)

【男子】
優勝 川口晃平プロ(SGUPZX-NIX)  2位 工藤英昭プロ(GrayGALIUM)  3位 戸崎啓貴プロ(F2)

【プロ登録資格獲得者】
佐藤彩佳、田野辺はるか
 
                                                                                             
                                                                                              Reporter Yoshi